薄毛の遺伝は母方に依存するって言うのは本当なの


よく話題になっていることの一つに、薄毛遺伝するのかexclamation&question
といった話題がよく挙がります。

しかし、本当に薄毛遺伝するものなのでしょうかexclamation&question
一般的には、男性型脱毛である若ハゲは男性を通して優性にはたらき、女性を通して劣性に遺伝すると言われています。

父方や母方の家系で祖父が薄毛やハゲになっていたとしても、100%薄毛になるかと言うとそうは言い切れない。

ただ、私もそうなので間違いないことだとおもうのですが、髪の毛の量は遺伝すると断言します
もし、父方でも母方でもどちらかの髪の毛が細く猫毛の場合は、その親のどちらかの情報が遺伝するのは確かですひらめき

なので、父方または父親が剛毛で薄毛やハゲの家系ではなくても、母方または母親が薄毛だったり、髪の毛が細い場合、その子供はどちらかの遺伝情報を引き継いで生まれてきます。

私の場合は


上記のパターンで、父親は剛毛で70才を過ぎても髪の毛の量も多く白髪もほどんどなく、まったく薄毛でもハゲでもなくフサフサしています。

しかし、母親は昔から猫毛で40代頃から薄毛に悩み始めて、今では分け目のあたりはかなり薄毛になっていますふらふら

その子供である私は、母親の遺伝を色濃く受けており、生まれつき猫毛で髪の毛が細く小学校の高学年の頃から薄毛で悩んでいましたもうやだ〜(悲しい顔)

結論を言うと、薄毛やハゲは遺伝だけが原因とは言い切れませんが、毛の細さや毛の量については父方や母方の情報を色濃く遺伝してしまうと言うことですひらめき

まあ今となっては、坊主がショートの髪型なのであまり気にしてませんが、たまに父親の遺伝を色濃く受けていれば、いろいろなヘアスタイルを試せたのになあ。と思うことがあったりもしますねもうやだ〜(悲しい顔)


posted by 薄毛治療の最前線!効果が出た方法紹介 at | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


はっちゅう君FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。